フリーエンジニアが時代についていく方法

フリーエンジニアとして働いていると、始めのうちは仕事の獲得に苦労するものの、実績ができてくるにつれて仕事がとれるようになってきます。そして、自分の得意とする分野がある程度定まってきて、安定して仕事を請け負い続けられるようになると、収入も大きくなって稼げるフリーエンジニアとして大成する道が開かれてくるのです。

そういった道に乗れる人がいる一方で、ある程度経験を積んできたにもかかわらず、急激に仕事が減ってきてしまって仕事探しに困ってしまう人も散見されます。これを分ける原因となっているのは、選んだ専門性の需要が変化してきていることであり、その認識ができるような情報収集を怠っていたために招かれる状況なのです。
そういった時代への乗り遅れや変遷への認識不足をなくすためには、IT業界全体を見渡す機会を設けることが大切となります。

企業に勤めている場合と異なり、情報提供をしてもらったり、勉強する場が与えられたりすることがないフリーエンジニアの場合には自発的にそういった機会を作ることが必要です。
同じ考えをもつ人が多いことから、エンジニア同士のオンライン会議やそのオフ会が実施されており、有用な機会として活用できる。特にオフ会では互いに情報を持ち寄ったり、著名人を呼んだりして勉強会を行うこともあり、広い知識を手に入れることで自分の方向性を見つめ直すきっかけになります。
それをもってスキルアップを行うと、また仕事の道が開けるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です